トップページ > 事業部からのお知らせ > 2018年 避難訓練

事業部からのお知らせ

2018.12.292018年 避難訓練

2018年 避難訓練

昨年は地震を想定した避難訓練を行いましたが

今回は火災を想定した避難訓練を実施致しました。

※左の写真は避難後に全員が避難できているか点呼にて

確認をしている際の写真です。

いつ起きるかわからない災害、全員が真剣になり

訓練を実施していました。

 

今回の避難訓練では、ただ避難するだけでなく、

実際に社内に設置された消火器を持ち、火災が起きている場所へ持って行き

消化をする訓練も行いました。

社内のどこに、消火器があり、防災用具があるのかを再確認すると共に、

実際に手に持ち行動することで、いざという時に円滑な行動が取れると感じました。

今後も様々の想定をした訓練を行い、有事の際に備えていきます。

 

~初期消火3原則~

1.見つけたら早く知らせる

火災を見つけたら、近隣の方や住人にいち早く知らせましょう。

すぐに消化できず、火が広がってしまう可能性があります。小さな火でも

消防車を呼ぶことが大切です。

2.早く消化する

出火から3分以内が、消化できる限度だそうです。消火器だけに頼らず、

座布団などで火を叩く、濡れた毛布で火を覆うなど、身の回りで使える

消化方法をおさえておきましょう

3.早く逃げる

天井に火が移ったり、自分の手に負えない場合は迷わず逃げましょう。

逃げる際は扉などを閉め、火に空気が入らないようにすることも重要です。