トップページ > 事業部からのお知らせ > ㈱田島新社屋 新築工事③

事業部からのお知らせ

2017.12.14㈱田島新社屋 新築工事③

㈱田島新社屋 新築工事③
㈱田島新社屋 新築工事③
㈱田島新社屋 新築工事③

㈱田島新社屋 新築工事③

 ()田島新社屋工事が7月に着工してから6か月に差し掛かりました。

厳しい寒さの中、作業をしていただいている方のおかげで、

順調に新社屋の工事が進んでいます。

 

現在新社屋は、屋根ができ、天井から、床、壁などに下地材の骨組みとなる、軽量軟骨下地組みが施されました。今後、この軽量軟骨下地の上に、さらに下地となるボートや壁紙などが貼られていく予定です。

 

造られている工程を追っていると、普段使用している建物の壁や天井も、同様に多くの工程を経ているのかと感慨深いものがありました。

 

今回、破風金属パネル工事という工程がありました。

破風(はふ)』ってなんだろう?

と疑問に思い、監督さんに伺ってみると、

破風とは、屋根の構造の一部で、屋根の側面に当たる箇所を指すそうです。

そんな話を伺った後、家でテレビを見ていると、破風の話題が流れていました。


破風が話題になる建物とは?!

それはお城でした!!


 お城での破風部分は、美観と実用を兼ねた造りになっていて、

壁面を美しく装飾しつつ、防衛施設としての役割も担ったスペースとして活用されていたそうです。

彦ニャンで有名な彦根城の破風部分には、

狭間さまと呼ばれる、▲や■、●といった穴が隠されており、

有事の際に攻撃用の窓として使用できるように備えていたようです。

 

同じ破風でも、建物によって随分違いがあることに驚きつつ、

今後、お城を見学する際、破風に注目してみようと思いました。

 

やや話が脱線しましたが、新社屋落成予定は2018年2月です。

次回の㈱田島新社屋 新築工事レポートをお楽しみに!!

 

       1階内装天井軽量下地組

       内装階段壁軽量鉄骨下地組

       破風金属パネル工事完了


※掲載しきれなかった写真は、㈱田島公式FBにて公開中です。是非チェックしてみてください♪
(
クリックするとFBへ移動します。)